経営に欠かせないもの

経営で利益を上げるためには

経営に必要な販売促進の手法

季語業経営を進めるうえで販売促進は重要な役割を果たします。その手法の一つにマーケティングがあり、市場を分析することから始まります。どの地域にどの程度の需要が潜在しており、どの程度の販売が見込まれるかを統計的な手法を用いて数値化していくのです。ある町にコンビニが1店もなく、その地域住民がコンビニでの買い物を欲しているならば、企業はすぐに事業計画を立てたうえで、店舗の開業を進めます。経営が軌道に乗れば、その地域の売り上げを独占でき、企業の売り上げに大きく貢献できることになります。しかし、経済学上では、新たなライバル店なども進出をしてくることが予想され、その場合競争が起こり、下手をすれば淘汰されるという事態も想定されます。慎重かつ綿密なマーケティングは企業を成長させる上で欠かせないものです。

企業活動に最適なマーケティング

マーケティングとは、お客様のニーズに合った最良の商品を提供できるシステムを構築し、何もしなくともお客様の側から、自然と商品を購入してくれるような仕組みを作ることだと言われています。そのためには、顧客需要の把握に始まり、商品の開発、広告・宣伝活動など、さまざまな企業活動を展開する必要があります。しかし、ここで重要なことは、顧客と市場のみに頭を奪われ、競合企業について情報を収集しないことがよく見受けられます。己を知る以上に、競合相手の強み・弱みを分析し、自社の経営力と総合的に比較することにより、企業が向かうべき方向が確立されるのです。企業を取り巻く経営環境は千変万化します。顧客・市場・競合相手の動向を分析し、環境に適応した企業活動により、最適なマーケティングが可能になると考えられます。

↑PAGE TOP