税務ちゅさの対象とは

税務調査の対象ケース

税務調査の対象となるケース

税務調査の対象には、売上が大幅に増加しているのに利益が少なくなっていたり、例年より経費が多いなど申告内容に異常が見られるケースが多いですが、前回の調査から期間が空いた場合や取引先に問題があった場合などでも対象となります。ただし、強制的に調査を行うケースは稀であり、ほとんどの場合は事前に連絡がある任意調査です。また、事前連絡のない任意調査は別の日に振り替えてもらう事もできますし、税理士法に定める書類を申告書に添付している場合は、税理士が意見陳述を行うだけで終了する場合もあります。

↑PAGE TOP