会社経営のスキル

会社を経営するためには

経営に必要なマーケティング

経営に必要なものの中に、マーケティングと販売ルートがあります。マーケティングは消費者のニーズをきちんと把握し、市場展開することです。販売戦略だけを考えても、消費者がNOを突き付けてくることもあるので、販売される商品は自信を持って販売できるものでなくてはいけません。また、経営を安定させるには販売ルートを複数確保する必要があります。商品を提供する際、直接消費者に販売することも可能ですが、通常は卸売業者や小売店に販売をしてもらうことが多いでしょう。ひとつのルートだけで販売を行っていると、そのルートがダメになった際に販売する経路が立たれることになってしまうためです。

経営に必要なマーケティングとは

会社を経営するためには利益を出す必要があります。利益を上げるためには売り上げを上げるか費用を削減するかいずれかとよく言われます。売り上げを上げるためにはマーケティングといった手法で商品やサービスが顧客に受け入れられるようにする為の販売戦略でもあります。しかし経営に必要なことはいかに価値を生み出すかという視点が必要です。付加価値というのは人や物が生み出す事になりますが、いかに自社でその価値を高めることができるかがポイントになります。そしてその価値を顧客によりわかりやすく、必要とされることができれば売り上げも利益も上がるのです。

↑PAGE TOP